カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

ステップアップカメラEOS 70D レビュー!!歴代使用カメラについて熱く語る その3

f:id:machapapa2929:20181227150702j:plain

こんにちは。まーとんです。

 

今回は、私の二代目のカメラであり、最高のステップアップカメラであるCanon EOS 70Dについて熱く語ろうと思います。ステップアップカメラを買おうか迷っている人は参考になると思いますよ!

 

私がCanon EOS 70Dを選んだ理由

初代カメラへの不満

初めて買ったカメラOLYMPUS PEN mini E-PM2にステップアップカメラの買い増しを決意したのは、

  1. オートフォーカスが遅く、自分の思い通りにピントを合わせにくい
  2. 暗闇に弱く、夜の室内でざらつきピンボケが連発する

という不満を抱えていたから。

※こちらの記事↓でも書いていますので参考にしてみてください。

machapapa.hatenablog.jp

 暗闇での撮影は、単焦点レンズを購入することで少しマシになったのですが、オートフォーカスの不満はいろいろ試したが、満足がいかず。。自分の腕だけではどうしようもない状態でした。

 

また、子供の成長をしっかりキレイに記録に残したいというのが、私と嫁のカメラに対する思いだったので、こうも失敗ショットが続くとせっかくの貴重な子供の写真をしっかり残せない、と。

 

単焦点レンズ購入による写真の劇的な変化により、嫁の写真への価値観にも変化があり、この買い増しについても割とすんなり認可が下りました。とても高い買い物なんですけどね。あとは、私が言い出すといつまでもあきらめない、というのに呆れたのでしょう。笑

 

…不満、不満と言っていますが、誤解のないよう。E-PM2もいいカメラで、私はまだまだ現役で使っています。 

なぜCanon?

これからさらにカメラをしっかりとした趣味にしていく中で、カメラのメーカー選びは重要です。それは、メーカーごとに使えるレンズが異なり、基本的には別メーカーのレンズは使えないからです。

 

当時は、今ほどSONYの勢いがなかったので、実績と交換レンズのラインナップの豊富さから、CanonかNikonしか考えていませんでした。

 

あとはもうどちらでもよいと思っていたので、下に書く欲しい機能があるカメラを選んだ結果、Canonに決めました。

 

なぜEOS 70D?

サブモニターがある中級機

カメラをずっと続けるために、なるべく買い替えのないようにしたいと考え、中級機以上のカメラを買おうとは思っていました。また、中級機以上のカメラの特徴が、メイン液晶のほかに小さいサブモニターがあること。今後、カメラの設定を変える上でこれがあると非常に便利だと考え、サブモニターがあるカメラを探しました。

f:id:machapapa2929:20181227145758j:plain

 

また、中級機以上のカメラであれば、センサーサイズも間違いなく初代カメラのマイクロフォーサーズより大きいAPS-Cサイズであり、不満だった暗闇での撮影にも強いと思いました。

 

バリアングルモニター搭載

ここが大きな決め手となりました。当時のCanonとNikonの中級機を店頭で実際に触りましたが、バリアングルモニターが非常に便利。メイン液晶がパタパタ動いて、自由にくるくる回せるやつです。

f:id:machapapa2929:20181227150037j:plain

 

別の機会に子供の撮影方法も語りたいと思うのですが、子供と同じ目線で撮影するとぐっといい写真になるので、ローアングルローポジションから撮影しやすいバリアングルモニタに惹かれました。そうするとほぼ選択肢はなく、EOS 70Dに決まってしまいます。

 

選んだのはダブルズームキット。かなり高価な買い物でしたが、思い出はお金に換えられないと思い、購入しました。

 

使い込んでの感想

いいところ

バリアングルモニターが使いやすい

決め手の一つでしたので、これは期待通りでした。ローアングルローポジションからの撮影がしやすく、いい子供の写真がたくさん撮れました。また、テーブルの上にたくさんならんだ料理全体を上から収めたい、というときにファインダーを覗けないような高い位置からも写真が撮れるので、非常に重宝しました。

 

Wi-Fiでシャッターが切れる

これがすごく便利。撮った写真をWi-Fiでスマホに飛ばせるのはもちろん、スマホでファインダーが覗けてそのままシャッターが切れます。我が家では頻繁に集合写真を撮るのですが、タイマーにしてシャッターを押してダッシュ!という定番のあれが不要。集合写真を撮る機会のある人には、この機能はホントに便利!

f:id:machapapa2929:20181227153931j:plain

 

デュアルピクセルCMOS AFが秀逸

難しい単語ですが、要は、液晶を使った撮影の際のピントに強い機能のこと。これまでに一眼レフは、液晶を使った撮影でのオートフォーカス(AF)が遅く正確性に欠けていたのですが、これにより液晶での撮影がかなりはかどります。せっかくのバリアングルモニターを生かすためには必須です。

 

いまいちなところ

キットレンズでは写りが平凡

カメラを変えて期待はしたのですが、やはりキットレンズでは写りが平凡です。確かにOLYMPUSのカメラより背景はぼかしやすいのですが、はっきり言ってOLYMPUS+単焦点レンズに写りは負けます。カメラ側のせいではないので、やっぱりレンズって重要です。キットレンズは買わずに、ボディと単焦点レンズを買った方が、幸せになれる人もいるはず。

 

重くてでかい

OLYMPUSのカメラを使っていたので、比べると持ち運びがしんどい。これはいい写真を撮るためには仕方ない、と割り切るしかありません。

 

総合評価

もうカメラを趣味とする人には十分過ぎる機能を備えた素晴らしいカメラです。だいたいのシーンはこれでカバーできると思います。

 

私がこのカメラを手放してしまったのは、単純にフルサイズのセンサーを搭載したカメラに憧れたから。さらに上位機種を見なければ、機能的には全く問題ない最高のカメラです。

現在新品で購入できるのはこの機種です↓

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 80D ボディ EOS80D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 80D ボディ EOS80D

 

 

まとめ

今回は、私がステップアップカメラとして選んで購入したCanonのEOS 70Dについて熱く語りました。趣味で写真を撮るには十分過ぎる機能を持っている素晴らしいカメラですよ。

 

次回は、70Dにつけっぱなしにしていたコスパ最高レンズ、SIGMAの17-50mm F2.8 EX DC OS HSMについて熱く語ります。