カメラと子育てでパパの毎日を楽しむブログ

カメラが好きな5歳の息子と3歳の娘の二児のパパです。趣味のカメラの話題を中心に書いています!

ホワイトバランスを工夫する!イルミネーションの写真をキレイに撮る!2

こんにちは。まーとんです。

 

イルミネーションの写真を撮ってきたので、何回かに分けて撮影のポイントを紹介する第二弾。今回は、「ホワイトバランス」を工夫した撮影のポイントです。ポイントを押さえて一味違った写真を撮っちゃいましょう!

 

今回使ったカメラとレンズ

・カメラ:Canon EOS 6DmarkⅡ

・レンズ:EF24-105mm F4L IS USM

・一脚

ホワイトバランス(色温度)を工夫する

イルミネーション撮影でありがちなのがこういう写真。。

f:id:machapapa2929:20181228054803j:plain

 「なんか見た目と違って普通…。」

 

そんなときはホワイトバランスを変えるだけで、写真の印象が一変します。例えば、ホワイトバランスを「発熱電球」にすればこんな感じで、かなりクールな印象に。

f:id:machapapa2929:20181228065434j:plain

大きく変えて、ホワイトバランスを「日陰」にすればこんな感じで温かい印象になります。私が見たのはこの色でした!

f:id:machapapa2929:20181228065731j:plain

カメラの設定方法は、ホワイトバランスを変えるだけでOKです。はじめは慣れないと思うので、いろいろ変えながら自分好みの写真が撮れるまで試してみるとよいです。

f:id:machapapa2929:20181228072122j:plain

 

「ボケ」と組み合わせる

これに前回の記事で紹介したピントリングをぐりっと回すだけの「ボケ」を組み合わせると、一味違った感じになるのでおすすめです。

f:id:machapapa2929:20181228070015j:plain

 好みはあると思いますが、印象的な写真になったと思いませんか?

「ボケ」を利用した撮影はこちらの記事を参考にしてみてください↓

machapapa.hatenablog.jp

RAWデータで撮ればあとから変更可能

RAWデータで撮影しておけば、あとから現像することで画質の劣化をほぼなしにホワイトバランスを変更できるのでおすすめですよ。ファイルサイズが大きくなって撮影可能枚数は減るので、注意が必要です。

 

まとめ

今回は、「ホワイトバランス」を工夫したイルミネーション撮影のポイントをまとめてみました。ホワイトバランスを思い通りに調整できれば、一味違った写真が撮れるようになり、もっともっと写真を好きになれますよ!