カメラと子育てでパパの毎日を楽しむブログ

カメラが好きな5歳の息子と3歳の娘の二児のパパです。趣味のカメラの話題を中心に書いています!

読んだ本の内容を忘れない!読書管理アプリ「ビブリア」

こんにちは。まーとんです。

 

今回は、私が愛用している読書管理アプリ「ビブリア」のお話です。読んだ本とメモを簡単に残せるので、「あれ、どんな内容の本だっけ?」が無くなりますよ!

「本は読むけど忘れる…。」を解決

私はそこそこ本を読む方なのですが、記憶力が悪いのか内容をすぐ忘れてしまうんです。。

 

読んだことのある本の話題になっても、忘れてしまって話についていけなかったり、いい本で感動した記憶はあるけど内容は忘れた、とか。そんなことばっかり。。

 

そこで、内容を忘れないようにメモしようとスマホのメモアプリに読書記録をつけてみましたが、本のメモを見つけにくかったり、どこかに行ってしまったり。。なかなか苦戦していました。

 

そんな中見つけたのがこの「ビブリア」というアプリ。これを使いはじめてから読んだ本を格段に管理しやすくなりました!

 

読書管理ビブリア

読書管理ビブリア

  • Keisuke Uchida
  • ブック
  • 無料

「ビブリア」の使い方

ビブリアのアプリをダウンロードして開くと、この画面が開きます。本の表紙がずらりと並んでくれるので、一目で読んだ本を見つけられるのが大きな特徴です。

f:id:machapapa2929:20181228185443j:plain

本を検索する

下部の緑丸の「+」をタップすることで検索画面が開き、追加したい本をネットで検索することができます。見つけた本を本棚に追加することで表紙がトップ画面に並びます。

 

各本の「メモ」部分に記録を残す

本が追加されたらタップすると、この画面が開きます。この中の「メモ」部分に印象に残ったフレーズや感想を残します。

f:id:machapapa2929:20181228190210j:plain

一目で本も探しやすいし、メモもどこかに行くことがないし、非常に使い勝手が良いです。

オススメの使い方

私のオススメの使い方は、読みはじめる前に本を本棚に追加し、読みながらどんどんメモっていく方法。読むスピードは遅くなってしまうのですが、何度も読み返すよりは効率がいいですし、リアルタイムで読んだ感想をメモできます。やはり、自分の言葉でメモに残してアウトプットするという行為が、本の定着率をさらに上げてくれるように思います。

 

まとめ

今回は、私が愛用している読書管理アプリ「ビブリア」のお話でした。本の内容を忘れず、しっかり自分のものにするためにも、読書管理はおすすめですよ!