カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

【初心者向け】標準?広角?望遠?単焦点?カメラのレンズについてまとめてみた!

こんにちは。まーとんです。

本格的なカメラの醍醐味は、目的に合わせてレンズを交換できることですね。とにかくいろいろなレンズが売られていますが、カメラをはじめたての人には難しい用語が並んでいます。今回は、交換レンズについてまとめてみましたので、一緒に勉強してみましょう~!!

レンズの種類

初めてカメラを購入するときって、カメラ本体については各社のカタログやスペックを確認して購入することが多いですが、レンズにこだわる人は少ないのではないでしょうか?実際に私もそうでした。

 

スマホでは撮影できないような一味違った写真を撮りたくて本格的なカメラを購入するのがほとんどだと思いますが、カメラよりもレンズにこだわった方がいい写真は撮りやすかったりするのです。

 

レンズの性能によって、ズーム領域シャッタースピードオートフォーカスの速さや正確さ手ブレ補正などが大きく違うため、レンズによって撮れてくる写真が大きく変わることをぜひ覚えておいてください!

まずは、簡単にレンズの種類をまとめてみましょう。

f:id:machapapa2929:20190217070209j:plain

〇〇mmのレンズ?

カメラがレンズを通して写すことのできる視野範囲のことを「画角」と言います。

例えば、望遠レンズは、遠くの被写体を大きく写すのに使いますが、望遠ほど画角は狭くなります。一方で、広角レンズは、風景を広く切り取るのに適していますが、広角ほど画角は広くなります

 

画角は、「焦点距離」と関係しているため、レンズでは対応する焦点距離の数値を「mm」で表すことでどんなレンズかわかるようにしていて、〇〇mmの値が大きいほど「望遠」、値が小さいほど「広角」と呼びます。

 

標準?広角?望遠レンズ?

それぞれのレンズの特徴を簡単にまとめてみます。

f:id:machapapa2929:20190217065645p:plain

注意点は、焦点距離は「35mm換算」であること。この換算については説明が長くなるので、別の機会にまとめてみたいと思います。また、厳密に「〇〇mm以上が望遠」といった区分けがあるわけではないので、目安と思ってください。だいたい合っています。

 

ズームレンズ?単焦点レンズ?

単純に、焦点距離を変えてズームできる機構のあるレンズを「ズームレンズ」、逆にズーム機構のないレンズを「単焦点レンズ」と呼びます。

一般的に、カメラを構えた位置はそのままでズーム機能を使って被写体の大きさを変えられるため、ズームレンズは非常に便利です。私もメインで使っているのはズームレンズです。

 

市販されているデジタルカメラについているキットレンズはズームレンズがほとんどで、カメラをはじめたばかりの人には「ズーム機能がないレンズなんてあるの?」と意外に思う人もいるかもしれません。便利なズームレンズにも欠点があるのです。

 

ズームレンズは、ズーム機構が付いている分レンズ全体のサイズが大きくなりがちです。また、構造が複雑になるため、明るかったり解像度がよかったり、高性能なレンズを開発するのは難しく、コストも高くついてしまうんです。

そのため、解像度がよかったり、F値が小さく明るかったりと、高性能なレンズはとにかく値段が高く設定されています。

ちなみに、私がいつかは買いたい憧れのズームレンズは、20万円近くします。。

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応

 

 

一方で、単焦点レンズは、ズーム機構がなくて構造がシンプルな分、小さくても、明るく、解像度がいいものが、安く手に入ったりするんです。

 

例えば、Canonの入門的な単焦点レンズは、なんと15000円くらいで買えてしまうのです!

このレンズは、「撒き餌レンズ」と言われており、このレンズでレンズ交換の素晴らしさを知り、私のようなレンズ沼に落ちていくのです。。笑

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

 

私自身は、Canonの撒き餌レンズは少し画角が狭くて気に入らず、すぐに手放しましたが、今でも愛用しているOLYMPUSの単焦点レンズについては、以前に記事にしているので、もしよかったら読んでみてくださ~い。

www.ma-tonblog.com

単焦点レンズは、「ズーム」という便利な機能と引き換えに、「写りの良さと小ささ」という機能を備えているイメージです。撮影時の利便性ならズームレンズ、持ち運びや写りのよさなら単焦点レンズ、という考え方でいいと思います。

f:id:machapapa2929:20190217073209p:plain

 

まとめ

今回は、交換レンズについて簡単にまとめてみました!本当に一般的な内容でしたが、非常に大事なポイントですので、カメラをはじめたての方は確実に押さえておきましょう!!