カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

新品20万円高級フルサイズカメラと中古3万円お手軽ミラーレスカメラの写りはどれくらい違うのか?

こんにちは。まーとんです。

カメラを趣味とする人の永遠の悩み、「カメラで写真の写りはどれくらい違うのか?」

今回、価格の高いフルサイズのカメラと、比較的安価なミラーレスのカメラを持って、先日行った栃木市の植物園「大柿花山」で撮り比べてみました。俗にいうカメラオタクを相手にできるような正当な比較ができる撮影はしていませんので笑、細かいことは置いておいて、カメラが好きな人もそうでない人も気楽に読んでみてくださいね~^^

今回使ったカメラ

フルサイズのカメラ

今回使ったフルサイズのカメラは、「Canon EOS 6D MarkⅡ」と単焦点レンズ「EF35mm F2 IS USM」です。

定価で買うと20万円を超える高級セットです。妻に苦言を呈されながらもやっとのことで手に入れた、私のお気に入りのカメラなのです。。

※過去に、フルサイズ購入の経緯はこちらで記事にしています。

www.ma-tonblog.com

ミラーレスのカメラ

今回使ったミラーレスのカメラは、初めて買った思い入れのある「OLYMPUS PEN mini E-PM2」と単焦点レンズ「M.ZUIKO DIGITAL 45mm f1.8」です。

こちらは、以前の記事でも紹介した通りで、中古なら3万円以下で揃ってしまいます。ちょっと写る範囲(画角)が狭くて使いにくいけど、カメラの楽しさを知るに十分なセットです。

www.ma-tonblog.com

さてさて、この新品で21万円の高級フルサイズカメラと、中古で3万円のお手頃ミラーレスカメラでどれくらい違う写真が撮れるのか?さっそく比べてみましょ~!

 

問題:高級カメラで撮影した写真はどっち??

ただ写真を紹介していっても面白くないので、クイズ形式でいってみたいと思います!!

①と②のうち、高級カメラで撮ったと思う方を選んでみてください!

問題1:高級カメラで撮った椿はどっち??

f:id:machapapa2929:20190307214849j:plain

f:id:machapapa2929:20190307222226j:plain

 

答え1

正解は……

 

 

 

 

 

「①」でした。

 

問題2:高級カメラで撮った蝋梅はどっち??

f:id:machapapa2929:20190307222005j:plain

f:id:machapapa2929:20190307221922j:plain

 

答え2:

正解は……

 

 

 

 

 

「②」でした!

 

問題3:高級カメラで撮った枯れアジサイはどっち?

f:id:machapapa2929:20190307222004j:plain

f:id:machapapa2929:20190307221805j:plain

答え2:

正解は……

 

 

 

 

 

「②」でした!

 

問題4:高級カメラで撮った馬酔木(あせび)はどっち??

f:id:machapapa2929:20190307223028j:plain

f:id:machapapa2929:20190307224832j:plain

 

答え4:

正解は……

 

 

 

 

「②」でした!


クイズはこれくらいにしておきます!さて、何問正解しましたか??

ちなみに、この問題を記事公開前に妻にやってもらいましたが、妻は見事に全部3万円のカメラの写真を選んでくれました。。泣 私の腕が下手くそなのもありますが…皆さんもそうだったのではないでしょうか??

そこで、「一般的になぜ3万円のカメラの方がよく見えるのか?」を簡単に考察してみました。

 

考察:なぜ3万円のカメラの方がよく見えるのか?

私の腕の悪さはひとまず置いておいて、妻が3万円のカメラセットを選んだのには理由があると思っています。

理由その1:とにかく背景がボケればいい

私個人もカメラの楽しさを知ったのは、大きく背景をぼかせる今回の3万円のカメラセットを買ってからでした。スマホやコンデジでは撮るのが難しい背景のボケを大きく表現できれば、一般的にいいカメラで撮った写真と思われるようです。

 

今回使用したカメラのセットですが、実は全然正当に比較ができる条件ではないのです。

高級カメラの方は、レンズの焦点距離がフルサイズ換算で35mm、お手頃カメラの方は、レンズの焦点距離がフルサイズ換算で90mmと、お手軽カメラの方が圧倒的に望遠側のレンズを使っていたのです。

一般的に、焦点距離が長い望遠レンズの方が背景はぼかしやすいので、ボケだけで言えばお手頃カメラの方がボケは作りやすい条件にありました。

 

そんなこんなで、背景がたくさんボケていたお手頃カメラの写真を「いいカメラで撮った写真」だと思ったのでしょう。

実際に妻に理由を聞くと、「や、こっち(3万円)のほうが背景のボケが全然すごいでしょ。」だそう。この考察は当たっていそうです。

 

理由その2:明るい撮影条件では差が出にくい

一般的に、センサーサイズの大きい高級カメラの方が色の階調が豊かで表現力があると言われますが、その違いが分かるのは、カメラに詳しい人や写真にうるさい人、じ~っくり写真を見比べる人くらい。実際には、今回のように明るい比較的簡単な撮影条件では、一般の人にはそんなに気にするような差は見えないものです。

 

私から見たら、今回の写真たちも、お手頃カメラの方が全体的にのっぺりした印象で、高級カメラの方が階調豊かな表現ができていると思うんだけどなぁ…。けど、そんなもの結構自己満足だったりして、妻には全く分からないのです。。苦笑

…いいんです、趣味なんて所詮自己満足なんですから。。泣

 

高級カメラとお手頃カメラで大きな差が出るのは、室内など暗い環境での撮影や、スポーツや乗り物などの動きものを撮るときのピント合わせなど、厳しい環境の撮影です。

実際に、今回の写真の中でも、「蝋梅の写真」は前後に枝が伸びており、手前の枝にピントを合わせるのが、お手頃カメラではかなり苦労しました。

 

撮影が難しい場面では、圧倒的に高級な一眼レフカメラの方が有利で、差は簡単にわかります。これに関しては、長くなるので別の機会にまとめたいと思います。

 

実際、私が高級カメラに手を出したのも、室内で動き回る子供を撮るのが思うようにいかずストレスになったから。買い換えてからは、撮影がはかどるのなんの。…これも、結局自己満なんですかねぇ。。泣

 

まとめ

・一般にいいカメラで撮った写真と認識されやすいのは、とにかく背景が大きくぼけた写真。

・比較的易しい環境での撮影なら、カメラの性能差は見えにくい。

・単焦点レンズで撮ると、いいカメラで撮った写真だと認識されやすい。

・写真は趣味で自己満の部分が大きい。自分が気持ちよく撮影できるカメラを選んだらいい!!!

 

今回、お手頃カメラとして紹介したカメラのセットですが、軽くていい写真が撮れる、まだまだ現役の私のお気に入りです。もちろん、環境を選べばですが。

 

私もカメラを深く語れる方ではないので、細かいところまでよく見て評論できる人は尊敬するのですが、趣味でやっているうちは、とにかくカメラを楽しめたらいいのかなぁと思うのです。

 

趣味なんですから、自分のお気に入りのカメラで、たくさんたくさん写真を楽しみましょう^^

 

今回も読んでいただきありがとうございました~^^

 

関連記事

これからカメラをはじめる人向けに、実体験を元にしたオススメのカメラを紹介していますので、ぜひ読んでみてください^^

www.ma-tonblog.com

また、いい写真を撮るためのちょっとした工夫もまとめていますので、こちらもぜひ読んでみてください^^