カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

はじめての「盛大なバズ」と「ネット叩き」から学んだこと

こんにちは。まーとんです。

先日、「ブログをはじめて以来最大のバズ」「ネット叩きにあいました。嫌な思いもしましたが、学ぶことのほうが大きかったので、まとめておきます。せっかくの経験なので、誰かの参考になるとうれしいです。

発生の経緯

問題の記事

今回対象となるのは、ホントに何気なく書いたこちらの記事。こんなにたくさんのはてなブックマークを付けてもらえたのは初めてでした!

www.ma-tonblog.com

こちらも初めてですが、2019年3月第2週の「今週のはてなブログランキング」で20位を記録しました。はてブ数が、全ブログの中で20位ということらしいです。毎日たくさんのブログが書かれている中、結構すごいことですよね^^;

blog.hatenablog.com

書いた経緯

何となくブログのネタがなくなってきていて、ひねり出すようにして書いた記事でした。

「あ、この前植物園にわざわざカメラ二台持って行ったし、比較記事を書いたら面白そう^^」と思い立ち、とりあえず別のカメラで撮った同じ被写体の写真をかき集め、「高いカメラと安いカメラで写真がどれくらい変わるのか?」という内容で、1時間程度で適当に書け上げたました。…この記事が、とんでもないことになるとはこの時は全く想定していないのでした。。

 

気付いたころにはとんでもないことに

朝、記事を投稿して夜にブログをチェックしてみると、そこには目を疑う光景が。。

「はてなブックマークが100個超えとる!!pv数も20000超え!?」

 

その後も、普段の記事のpv数以上のペースではてなブックマークが付けられていきます。「…すげぇ。。こんなの初めて。。」

f:id:machapapa2929:20190324055257p:plain

 

普通なら本当に喜ばしいことなのですが、今回の記事はそれだけではなかった。。

はてなブックマークのコメントを見ると、ざっくり言うと「カメラ分からん奴が、高いカメラ使って適当な記事書いてるんじゃねぇ、豚に真珠なんだ、この下手くそが~!!」という趣旨のコメントが、多く寄せられていました。

はてブ数とpv数に浮かれていたし、こんなことをネットで言われたのは初めてだっただけに、素直にへこみました。。別にこんなこと言われるためにブログ書いてるわけじゃないんだけどなぁ。。

 

かなり嫌な思いも経験しましたので、今回の問題と対策を考えてみました。

 

f:id:machapapa2929:20190324055159p:plain

何が問題だったのか?

タイトルを誇張し過ぎた

まずはこれに尽きると思います。なるべくたくさんの人に記事を見てもらいたいと、ブログを書いている人なら誰もが思っているわけで、そのためにもブログのタイトルは非常に重要になります。

 

今回のタイトルを見返してみると、写真を趣味としている人、いや、これからカメラを購入しようとしているカメラ初心者にも、かなり魅力的なタイトルになっていると思います。なんせ、カメラを購入するときの、永遠の課題ですから。

この「カメラに対する永遠の課題」をタイトルにする記事にしては、その内容がお粗末すぎた。。「適当に撮った写真」と「適当に1時間で書き上げた記事」では、タイトルに内容が見合っていませんでした。

 

タイトルに期待して記事を読んだ人々が、内容のお粗末さにイラ立ち、「なんだこの下手くそめ~!!」という怒りをそのままコメントに残したのでしょう。

言いたいことがしっかり伝わらなかった

この記事の比較の前提として、冒頭に「正当な比較ができません!」と明言していました。しかし、フタを開けてみると、「こんなんじゃ比較できるわけがない、下手くそ」というコメントがたくさん寄せられる結果に。。

 

しかも、「気楽に読んでください!」とも書いておきましたが、シリアスに受け止めてたくさんの人が批判的なコメントを浴びせてきます。。

とにかく、書いてはいるものの、言いたいことが読み手に全く伝わっていなかったのですね。…人に伝えるって難しい。。

 

クイズ形式にしたのが悪かった?

この記事で初めての試みだったのが、クイズ形式にすること。「高いカメラで撮ったのはどっち?」みたいな感じで、クイズ形式でブログを進めてみました。

 

結構面白いアイデアかなぁと思ったのですが、これもブログが荒れるのを助長したと思っています。。

なんと言っても適当に選んだ写真の比較だったため、正解を選べなかった人の反感を買い、批判コメントとなったのかなぁと思いました。

 

f:id:machapapa2929:20190324055530p:plain

学んだこと

これだけ批判のコメントをもらい、嫌な思いをたくさんしましたが、学んだことも多かったので、まとめてみます。

自分に非があるときは、すぐ謝る・記事を削除する

叩かれる原因が自分にあるときは、素直に謝り、記事を削除することが重要です。今回のケースで自分に非があるかどうかは微妙なところでしたが、少なくとも、「タイトルを誇張し過ぎたこと」と、「言いたいことをしっかり伝えられなかったこと」について、自分が悪いと部分もあったので、記事を削除するまではせず、追記として謝罪文を掲載しました。

 

追記文を掲載してからは、圧倒的に攻撃的なコメントは減ってくれました。

 

言いたいことを伝える工夫をする

普段からも太字や文字サイズを工夫しているつもりでしたが、まだまだ言いたいことは伝えきれていないことを痛感しました。

今回いい経験をしたので、言いたいことをより伝えやすい工夫は続けていきたいと思いました。…時間も限られているので徐々にですが。。

 

記事の内容とタイトルのバランスを考える

なるべく多くの人に見てもらいたいと思うがあまり、内容のお粗末さに反して、タイトルは誇張し過ぎました。

 

タイトルを誇張し過ぎないのはもちろん、良質な記事を書けるよう、腕を磨こうと思えました。

f:id:machapapa2929:20190324062930p:plain

 

気にしない

批判的なコメントをもらっても、気にしないことが一番です。…といっても、私は普通にへこみましたが。。ただ、こう考えてみるとかなり気は楽になります。

 

今回の記事を読んでくれた人の数は、合計40000人弱。

批判的なはてブを残してくれた人と、ネガティブなコメントに同調して星を付けた人を含めておよそ300人弱

…単純に計算しても、100人に1人もいない計算です。

 

自分の周りを見渡しても、100人に1人くらいは何事にも否定的な人っていますよね?…そう、いたって普通のことなんです。

 

逆にここでムキになってしまって、応援のコメントをくれた方や、ただ見るだけの中立な立場の方までも嫌な気分にさせて、批判的な人にしてしまっては事態は悪い方に行くばかり。

 

普通に生活していてもひしひしと感じることですが、全員に好かれることはほぼ無理です。ある程度は割り切って考えることが重要と思いました。

f:id:machapapa2929:20190324061228p:plain

 

ブログで収益が上がる仕組み

別にお金儲けのためにブログをやっているわけではありませんが、このブログもとりあえず適当に、GoogleAdsenceで広告を貼り付けています。使い方もよくわかっていないので、本当に適当に。

 

しかし、今回のバスで、その適当に貼り付けていた広告からでもお金が発生するということを学べました。額で言うと、だいたい1万円くらい

 

こういうのを経験すると、収益を目的にブログを書こうという人が増えるんだろうなぁと思いました。なにせ、適当に1時間で書き上げた記事で1万円の収入があったのですから。。時給1万円です、確かに魅力的ですね。

 

もちろんプロブロガーを目指すつもりは毛頭ないし、才能もないので、これからもワークライフバランスを保ちながら、気楽にマイペースにブログは続けていこうと思います^^

f:id:machapapa2929:20190324062323p:plain

 

まとめ

はじめての「盛大なバズ」と「ネット叩き」から、以下のことを学びました!

1.自分に非があるときは謝って、記事を削除する

2.ブログの内容に見合ったタイトルを付ける

3.言いたいことを相手に伝える工夫をする

4.批判的なコメントをされても、なるべく気にしない

 

嫌な思いもたくさんしましたが、学びが非常に大きかったと思える経験をさせてもらいました。

ブログを書いていなかったら、こんな経験もさせてもらえなかったわけで、これからも気楽にマイペースでブログは続けていけたらなぁと思います。…最近更新頻度が一気に落ちてしまいましたが。。

せっかく書いているブログなので、なるべく楽しい気分で続けていけるよう、今回の記事が一助になってくれると嬉しいです^^

 

また長々と書いてしまい、伝えたいことが伝わっていないような気もしますが^^;、読んでいただきありがとうございました!!