カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

3万円以下ではじめる本格自転車!初心者がクロスバイクを選ぶための4つのポイント!

趣味で自転車をはじめたいけど、どこに注目して買ったらいいか分かりません。。
やっぱり本格的な自転車は高いの?

こんにちは。まーとんです。
私も最近運動解消のため自転車をはじめましたが、3万円以下で満足のいくクロスバイクを手に入れました!

今回は、私のような初心者がクロスバイクを選ぶ際に押さえるべきポイント自転車マニアの友人に学びつつ、クロスバイクを購入してみましたので、こだわったポイントを紹介します!

購入した自転車(クロスバイク)はこちら!

私が購入したクロスバイクがこちらです。

こんな本格的なクロスバイクが25000円くらいで買えてしまうのです。

ここからは選ぶ際にこだわったポイントを紹介します!

自転車を選ぶ際にこだわった4つのポイント!

初心者である私が、自転車をがっつり趣味にしている知り合いにアドバイスをもらいつつ、選んだポイントは、以下の4つでした。

軽いこと

自転車自体が重いと、ペダルが重くて余分な負担がかかってしまったり、また、車に積んで移動することまで考えると、軽いに越したことはありません。

自転車重量の目安ですが、本格的なスポーツタイプの自転車だと、10kgを切るそうですね。

cyclenote.com

ここは、価格と背反になるため、予算の中で許される限り軽いものを選ぶこととしました。

ある程度で見切りをつけないと、予算内に収まりませんよ。

アルミフレームであること

今回私が設定した予算(3万円以下)の価格帯でメジャーなのが、スチールです。

スチールは、安価なのですが、やや重たく錆びやすいのが特徴です。安く自転車をはじめようとすると、だいたいスチール製のフレームがほとんどです。

そこで、まずまず安価で、スチールより軽く錆びにくいのがアルミニウムになります。

軽さと一緒で、こちらも価格とトレードオフになりますが、可能な限りこだわってみることにします。

カタログ内の「フレーム材質」を確認しましょう!

 

前輪が簡単に取り外せること

調べるまで全然知りませんでしたが、今の自転車って前輪が簡単に外せてコンパクトにできるんです!車に簡単に積めたら、行動範囲も一気に広がりますよね~^^

※こんな感じのイメージで簡単に外せます↓

www.riteway-jp.com

前輪が取り外せるタイプのものなら、慣れてくれば3秒もあれば外せるとのこと。※自転車マニアな知り合い談

カタログを見て「前輪クイックレリーズ」の文字があればOKです。

 

予算内で買えること

もうカメラの方でがっつりお金を使ってしまっているので、さすがにこっちでも大金をはたくのはもう妻の目が痛くて…。。苦笑

ただ、私の運動不足を妻も心配してくれてはいるので、「しっかり乗るなら3万円くらいならいいよ~」とのこと。今回は3万円以内で探してみました!

上を見ればキリがないので、予算内で最高の選択ができるようにしましょう^^

4つのポイントを考慮して買ったのがこちらの自転車です!

この価格帯ではなかなか軽量な11.5kgで、もちろんアルミフレーム!前輪クイックレリーズ付きで、お値段2万5000円!!
ギアも6段階変速付きで快適に乗れます。クロスバイクの入門にはもってこいの一台なのではないでしょうか?
 

実際に乗ってみた感想

さて、これだけこだわってスペック的には納得のいく自転車を購入しましたが、実際はどうだったのでしょうか?以下、感想です。

f:id:machapapa2929:20190331221011j:plain

力みなくスピードが出せる

ここが本格的な自転車のいいところですが、簡単にスピードを出して走ることができます。余分な力をかけることなく、初心者の私でも20km/hくらいホントに楽に出せます。

スピードを出して乗る自転車の気持ちいいのなんのって。。初心者には十分すぎると思います。

暑い日でも風を切って走れるので爽快です!もうこれだけで買ってよかったと大満足です。

組み立てが簡単

通販で買うデメリットとして、組み立てが必要なところです。具体的には前輪やサドル、ペダルを取り付けたりする程度です。

でも、説明書もしっかりしているので、書いてある通りに取り付ければ30分もかからずに組み上げることができました!とっても簡単でした。

組み立てるのに大きな抵抗がある人は、店頭で購入するのがよいでしょう!ただし、どうやっても3万円以下でこれだけのスペックの自転車は店頭では購入できないので、予算と相談してくださいね。

念のためお店で点検してもらうと安心して乗れますね!
一緒に防犯登録もしてもらいましょう!

慣れるまでにはやや時間がかかるかも

普通の自転車とは違うところがちらほらあって戸惑うかもしれません。

乗りはじめはすぐにお尻が痛くなります。。慣れてないから当然なのかもしれませんが、くじける人はくじけるかも。ただし、徐々に慣れていけば痛いのなんて初めのうちなのですぐ慣れます。

また、サドルの高さが一般的な自転車より高く、座った状態では足が地面につかないくらいに調節するのが一般的。降りるときはいったん身体を前にずらして、フレーム部分にまたがって地面に足をつけるのですが、慣れないうちは地面に足がつかずにパニックになります。笑

ただ、これも乗っていれば慣れるので、慣れるまでじっくり乗っていきましょう!

必要備品の購入が別途必要

上で紹介した自転車だけでは、鍵もライトもないし、反射板も不十分なので別途購入が必要です。また、タイヤの空気も一般的な自転車と同じものでは入れられないので、仏式の空気入れが別途必要です。さらに、ヘルメットもあった方が安心して乗れるでしょう!

私はここら辺を購入したので、参考にしてみてください。

周辺アイテムに地味にお金がかかるので、ある程度の初期投資は覚悟しましょう!

まとめ

クロスバイク初心者が、4つのポイントを押さえつつはじめてのクロスバイクを選んでみました!

今回のこだわりポイント4つは、①軽いこと、②アルミフレームであること、③前輪が簡単に取り外せること、④予算内に収めること、でした。

これらを押さえることで、個人的にはかなり満足いく選択ができたと思います!

スピードを出して走る爽快感はもう病みつきになります。ぜひ挑戦してみてください^^