カメラと子育てでパパの毎日を楽しむブログ

カメラが好きな5歳の息子と3歳の娘の二児のパパです。趣味のカメラの話題を中心に書いています!

ブログ初心者向け!自分の言いたいことを伝えるために…。蛍光ペン風カスタマイズをブログに導入してみた

こんにちは。まーとんです。

文章で自分の言いたいことを人に伝えるのって非常に難しいですよね。。少しでも言いたいことが伝えられるよう日々工夫するようにしていますが、今回蛍光ペン風カスタマイズを導入してみたので、導入方法と使った感想を書いてみます。

文章で自分の言いたいことを今日するには?

文章で自分の言いたいことを伝えるのって本当に難しいですよね。私も過去に、ブログで言いたいことをしっかり伝えることができず、嫌な思いをした経験があります。。

www.ma-tonblog.com

自分の言いたいことを人に伝えるため、文字を強調する方法はいくつかありますよね。

 

文字を太くする

一番手軽に言いたいことを強調できる方法です。

効果的に使うには、メリハリをつけて、本当に強調したい部分のみを太字にすることが重要となります。

目安として、一段落に太字は2〜3カ所というのがよく言われますね。

 

私も基本的には太字で言いたいことを強調していたのですが、そこまで目立たないのが現実だと思います。

実際、自分でプレビューモードで見返しても、あまり目立たないなぁというのが、正直な感想です。

 

文字を大きくする

これも効果的に言いたいことを強調できる方法ですね。言いたい部分を大きくすることで、圧倒的に目に留まりやすくなるため、言いたいことは伝えやすくなります。

私も最近は、『文字を太くする+大きくする』がマイブームでした。

一方で気になっていたのが、文字が大きくなりすぎて、アンバランスに見えてしまうこと。プレビューで見返しても、確かに言いたいことは目立つけど、「なんか格好悪い。。」というのが悩みでした。。強調するには最高なんですけどね。

 

文字の色を変える

これもまた手軽に言いたい部分を強調できる方法ですね。赤字なんかは特に目立ちやすく、言いたいことを伝えることができます。

 

一方で、配色には十分注意しなければなりません。色を変えることで、視線を集めることはできますが、余りにもいろんな色を使ってしまうと、視線が定まりませんし、見た目にもセンスが疑われる文章になってしまう場合もあります。

 これもまたセンス良く見せるのに一工夫必要ですね^^;  この色↑の感じとか…わたしは苦手です。。苦笑

 

蛍光ペン風カスタマイズがお気に入り

これまで挙げたように、太字にする大きくする色を変える、と試した結果、今のところ一番目立つし、自分の好みに合ったのが、蛍光ペンを引くことでした。

 

蛍光ペン風カスタマイズの導入方法

私は、こちらの記事を参考にさせてもらいました。とても簡単に導入でき、非常に助かりました^^ ありがとうございます!

www.clrmemory.com

やり方は非常に簡単で、上記記事のテキストを、デザイン>カスタマイズ>デザインCCSで、コピペするだけ!

これをやってあげると、『i(斜体)』に蛍光ペンの修飾が割り振られます。

 

蛍光ペンの色を変更する

蛍光ペンの色も簡単に変更できます。

またもやお世話になりますが、下記の記事に記載の色コードを、先ほどコピペしたテキスト上の「#fff36c」の部分と置き換えるだけ!

www.clrmemory.com

私のブログは、青を基調としているので、青い蛍光ペンに変えてみました。

f:id:machapapa2929:20190406070130j:image

 

蛍光ペン風カスタマイズにした感想

蛍光ペン風カスタマイズを導入してからいくつか記事を書いてみましたが、かなり満足しています。

いいところは、とにかくよく目立つこと、最低限の色でシンプルにまとまること、アンバランスな見た目にならないこと、あたりでしょうか。

 

私も、毎日更新を楽しみにしているブログがいくつもあって、読ませてもらうのが楽しみなのですが、特に疲れているときはブログを隅から隅まで読む気力がなくて。。

 

そんなときに、流し読みできたらいいなと思ったわけです。そこで、私のブログは、これからは蛍光ペン部分さえ読んでもらえれば最低限要点が伝わるように工夫して書こうと考えています。これなら、短時間で要点はつかんでいただけるのかなと。

どんどん工夫しながらカスタマイズしていければと思います。

f:id:machapapa2929:20190406065859p:image

 

まとめ

蛍光ペン風カスタマイズをブログに導入してみましたが、太字や文字サイズの拡大、文字色の変更より、手軽に特定部分を強調でき、見た目も損なわないため、私の中ではかなりのお気に入りとなりました。

また、これからはもっと手軽に言いたいことが伝わるよう、蛍光ペン部分だけでも言いたいことが伝わるよう、より工夫して文章を書いていこうと決意したのでした。

もし気になる方がいましたら、蛍光ペン風カスタマイズをぜひ導入してみてください^^