カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

スマホで撮った夜景を色鮮やかにする5ステップ!!スマホアプリで夜景写真を加工する方法

こんにちは。まーとんです。

今回は、スマホで撮った夜景写真をスマホアプリで色鮮やかに加工する方法を紹介してみます。

写真の加工は好みがはっきり分かれるので、今回の内容を参考にしてもらって、自分の好みの加工方法を見つけてもらえると一番よいと思います^^b

今回の題材

今回題材となる夜景写真は、以前の記事でも紹介した中国 重慶市の夜景です。

www.ma-tonblog.com

これだけでも十分きれいですけどね。加工してあげることで、より色鮮やかに仕上げることができますよ^^

f:id:machapapa2929:20190427064204j:image

撮影するときの注意点として、色味や明るさなどは加工できますが、構図までは加工できません!!撮影するときに、構図は整えておきましょう!

 

加工の手順

今回は、『Instafral Pro』というアプリを使って加工してみます!

Instaflash Pro

Instaflash Pro

  • Anlei Technology Inc.
  • 写真/ビデオ
  • ¥600

同じような加工ができるアプリであれば、同じように仕上げることは可能です。

 

それでは、Instaflash Proを使って、加工の方法を順を追って見ていきましょう!

1.照明EQで明るさを調節する

 まずは、「照明EQ」を使って、明るさの調整を行います。

照明EQでできるのは、全体の明るさを調整するのではなく、写真の中で、明るい部分と暗い部分を分けて調整することができることです。

例えば、暗くなった影の部分だけを明るくしたり明るすぎてしまった空だけを暗くできたり、これをすることで写真の印象はガラッと変わります。

 

まずは、照明EQを選択します。↓

f:id:machapapa2929:20190427071340j:plain

選ぶと、5つのダイアルがでてきます。それぞれ、左から順に写真の中で暗い部分→明るい部分の明るさを調節できるダイアルになっています。

 

スマホで撮った夜景は、全体的に無難な明るさになるように自動で撮影されがちなので、メリハリのない写真になりがちです。

そこで、まずは暗い部分は暗く調整してあげます。

 

具体的には、一番左の最も暗い部分を暗くして本来の明るさを出しつつ二番目に暗い部分を少し明るくしてネオンの華やかさを出します。

f:id:machapapa2929:20190427071345j:plain

 

続いで、ネオンの明るい部分のディテールが明るすぎてボヤッとしているので、明るい部分を少し暗くします。適宜様子を見ながら、調整してください。

f:id:machapapa2929:20190427071351j:plain

はい!これだけでもかなり見違えたのではないでしょうか^^
f:id:machapapa2929:20190427063817j:image

 

2.ホワイトバランスを調節する

続いて、ホワイトバランスを変更します。ホワイトバランスとは、写真全体の色温度のことです。

色温度のスライド左に動かすと青っぽい冷たい色合いに、右に動かすとオレンジ色っぽい温かい色合いになります。

また、色合いのスライド左に動かすと緑っぽい色合いに、左に動かすと赤っぽい色合いに調整することができます。

 

今回は、色温度のスライドを左に動かして透明感のあるようなスッキリした色合いにしてみました! 

f:id:machapapa2929:20190427071602j:plain

これで写真の印象がスッキリしたと思います!クールな感じになりますね。

f:id:machapapa2929:20190427063827j:image

 

3.彩度を変更する

次は、彩度を変更します。彩度は、その名の通り写真の鮮やかさを言います。

スライドを左に動かすと色味がなくなり、右に動かすと鮮やかになります。

スライドを左に動かすことで、目を引くような鮮やかな写真になりますが、動かしすぎると明らかに不自然な写真になってしまうので、注意が必要です。

 

今回は、少しだけ鮮やかさを追加してみました!↓

f:id:machapapa2929:20190427071620j:plain

これでだいぶ華やかな写真になったと思います。

f:id:machapapa2929:20190427063841j:image

 

4.ノイズを除去する

続いて、夜景を撮影した時に入ってしまったノイズを除去して写真を滑らかにします。

『ノイズ』とは、暗いところで撮った写真に出てしまうザラザラのこと。

 

ノイズ除去のスライドを右に動かすことでザラザラを無くして、滑らかにすることができます。一方で、やりすぎると詳細の情報が消えてのっぺりとした写真になってしまうので注意が必要です。

 

そこで、効果があるのが、ノイズ除去と一緒にシャープネスを調整すること。失われてしまった詳細情報を気持ちながら補うことができます^^b ただし、こちらもやりすぎると不自然な写真になるので注意が必要です!

 

今回は、そこそこしっかりシャープネスを出しつつ、

f:id:machapapa2929:20190427071646j:plain

がっつりノイズ除去してやりました。

f:id:machapapa2929:20190427071659j:plain

ノイズ除去するとこんな感じです。写真が滑らかになったと思います!

f:id:machapapa2929:20190427063822j:image

5.明瞭度を変更する

最後に明瞭度を変更します。明瞭度は、いわゆる写真のくっきり感のこと。スライドを左に動かすとふわふわしたメルヘンチックな感じに、右に動かすとかっちりとしたシャープな感じになります。

このスライド一つで、ふわふわな写真にもできるし、かっちりとシャープな写真にすることができる便利なやつです。

この辺は完全に好みなのですが、私はシャープな写真に仕上げたかったので、スライドをぐっと右に動かしてかっちりさせてみました!

f:id:machapapa2929:20190427071715j:plain

はい!これで完成です!!

f:id:machapapa2929:20190427063836j:image

加工前の写真↓と比べると、印象が大きく違いますね^^

f:id:machapapa2929:20190427064204j:plain

 

まとめ

今回は、スマホアプリ『Instaflash Pro』を使用した夜景写真の加工方法をまとめました!

スマホで撮影された写真は無難な写真になっている場合がほとんどなので、上で詳細を説明したように、メリハリをつけるように調整してあげるとうまくいきますね^^

今回紹介したのは、ほんの一例です!!ぜひ参考にしてもらって自分好みの加工方法を見つけてみてくださいね^^