カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

むしろ初心者向けのカメラ?子供の撮影にも最強!!ソニーの『α7Ⅲ』が気になる話

こんにちは。まーとんです。

普段はでかい一眼レフカメラで子供の写真を撮るのが趣味なのですが、最近子供が動き回るのが激しすぎてピントを外す機会が多いという悩みがあります。。値段は高いですが、何も考えずにピントが合った写真を量産できそうな、ソニーのカメラ『α7Ⅲ』が気になって仕方がな~い!!!という話です。

 

 

ソニーのα7Ⅲとは?

α7Ⅲは、ソニーから出ている最新のフルサイズミラーレス一眼カメラで、一般的にハイアマチュアモデルと言われているやつです。

いいお値段ですよね。。最近のソニーのカメラで特に魅力的なのが、瞳AFという機能です。
 

瞳AFとは?

瞳AFとは、文字通り『瞳を認識して勝手にピントを合わせてくれる機能』です。
スマホや一般的なデジタルカメラでスタンダードなのが顔認識AFで、皆さんもお世話になっていると思いますが、瞳AFだとなにがいいのでしょう??
 
一般的に、人物写真のピントはカメラに近い方の瞳に合わせることが鉄則で、特別な意図がないのに、瞳にピントが合っていないとなんだかピンボケしたような写真に見えてしまうのです。。
特に、背景をぼかしやすいフルサイズの一眼レフカメラでは顕著で、私も背景をぼかしたいがあまりボケやすい設定にして、手前の瞳にピントが合わせられなかった。。ということが多々あります。背景のボケとピント合わせのシビアさは背反特性なのです。
 

子供の笑顔の写真を撮るためには?

ところで、子供の笑顔を撮ろうと思うと、カメラのファインダーを覗いていたら、子供はこわ張って笑顔をなかなか見せてくれませんよね?
 
カメラに笑いかける子供なんてほぼいないわけで、そうなると、子供と話をしたり、笑わせながらファインダーを見ずに撮影することが必要になります。
 
そうなると、いよいよ目にピントを合わせるのなんて困難になります。普通ついているのは顔認識AFくらいで、瞳に自動でピントを合わせてくれないのですから。。
 

※過去にこんな記事も書いています。ご参考にどうぞ^^ ↓

www.ma-tonblog.com

そんな中、私がα7Ⅲに心を奪われたのはこちらの動画を見てから↓

動物の瞳ですらも、フルタイムで捕えてくれるのです。

動物ができちゃえば人間なんて朝飯前です。すごくないですか!?ここまで実用的なAFに優れたカメラは他のカメラメーカーでは出せていなくて、ソニーが飛び抜けているのです。

これがあれば、子供の写真撮影もとにかくはかどりそうですね。…あ~、欲しい!!けど、高い!!!

 

私は背伸びして、そこそこいい一眼レフカメラを買っているので、また買い換えたいなんて口が裂けても言えない。。苦笑

www.ma-tonblog.com

カメラ初心者にこそおすすめしたい!

確かに高いカメラなのですが、何も考えなくても瞳にバシッとピントがあった写真を量産してくれるので、値段は高いのですが初心者向けのカメラと言えます!!

さっきも言いましたが、背景を大きくぼかすような設定にしたときにシビアになるのがピント合わせなわけで、狙ったところにピントを合わせるのは腕が必要です。

その腕をカメラが補ってくれるわけで、手軽にバシバシいい写真が撮れそうです。

 

しかも、センサーサイズはフルサイズなので、背景を大きくぼかすことにも強いし、室内など暗い撮影にも強い。…予算が許すなら、これを買っておけば後悔はないでしょう^^ もう現状は最強です!!

 

…ただし、これにばかり頼ってしまうと、いつまでも写真の腕は上達しないかもしれませんけどね^^;

こんな記事も書いています。↓

www.ma-tonblog.com

ポートレート撮影にも最適!!

このカメラは、ポートレート撮影にも最適です! 腕が必要なシビアなピント合わせはカメラがやってくれるわけですから、人の表情づくりや構図の追い込みに集中できるんです。…いい写真が撮れそうですよね^^

 

※よりカメラ選びに後悔しないためには、更に上位の『α7RⅢ』という機種があります。

Rが付いただけですが、画素数が大きいのでより繊細な写真が撮れたり、ファインダー内の画像がキレイだったり、よりピントの追従がよかったり…上を見出すとキリがないのが、カメラ機材の怖いところ。。ほどほどに。

 

まとめ

今回は、気になって仕方がないカメラ、ソニーの『α7Ⅲ』について書きました。

とにかく瞳AFが非常に優秀で、勝手にピントが合った人物写真を量産してくれるし、背景を大きくぼかすこともできる、暗闇撮影にも強いので、初心者には最強のカメラと言えそうです!…ただし、予算さえ許せば^^;

ポートレート撮影をする人にも、表情づくりや構図の追い込みに集中できるため、いい写真が撮れそうですよね^^

…あ~、欲しい!とにかく欲しい!!