カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

1000匹以上の圧巻の鯉のぼり!!蔵の街栃木市を遊覧船で散策できる『うずまの鯉のぼり』に行ってきた

こんにちは。まーとんです。

先日、蔵の街栃木市の名物『うずまの鯉のぼり』を見てきました!

伝統的な街並みに、大量の鯉のぼりが泳いでいて、近場ながら観光したなぁという思いができました^^ 子供の日も近いですし、おススメですよ~!!

 

 

『うずまの鯉のぼり』とは?

栃木県栃木市を流れる巴波川で、約600mにわたって大量の鯉のぼりが吊るされるイベントです!吊るされる鯉のぼりの数は、『いい鯉』にかけて、1151匹だとか!?色とりどりの鯉のぼりが風に乗り泳ぐ姿は、まさに春の風物詩です^^

f:id:machapapa2929:20190503060616j:plain

また、栃木市は蔵の街として有名で、伝統的な街並みが残っている観光スポットでもあるのです!!その雰囲気のある街の中を流れる巴波川を遊覧船で散策できる、なんとも素敵なイベントです^^

 

イベントの様子は?

早速遊覧船に乗ってみました!

まずは、待合処に行ってチケットを購入します。もう門構えから趣があります^^

f:id:machapapa2929:20190502070309j:plain

チケットは、大人が700円、小学生以上の子供が500円で、一回チケットを買えばその日は乗り放題だそうです!なんともお得!!

f:id:machapapa2929:20190502070330j:plain

遊覧船は、一回20分程度です。小さな子供も飽きずに乗れるちょうどいい時間です^^

川の深さは50cm程だそうで、最悪落ちてしまっても大事には至らないはず。背の低い子供にはライフジャケットの着用が義務付けられているので安心です^^b

 

こんな笠を被って乗ることもできます!雰囲気がでますよね^^

f:id:machapapa2929:20190502070347j:plain

巴波川にいる鯉にえさをあげることもできます。

f:id:machapapa2929:20190502070336j:plain

私が乗ったときは、ほとんど船に鯉が寄ってこず全くあげるタイミングがありませんでした。。お腹がいっぱいだったのかな??残念。

 

さてさて、船に遊覧船に乗りながら、パシャパシャ写真を撮ってきたので紹介します^^

f:id:machapapa2929:20190503061007j:plain

あいにくの曇り空で、空の表情は暗く残念な感じでしたが、大量の鯉のぼりは圧巻でした!!ホントに来てよかった^^

f:id:machapapa2929:20190503061416j:plain

f:id:machapapa2929:20190503061449j:plain

蔵の街として有名な栃木市の伝統的な街並みがまたいい雰囲気です^^b

f:id:machapapa2929:20190503061551j:plain

こんないい感じの記念写真も撮れますよ~^^

f:id:machapapa2929:20190502072351j:plain

 

もちろん、遊覧船に乗らなくても鯉のぼりは堪能できます。

f:id:machapapa2929:20190503062018j:plain

f:id:machapapa2929:20190503062028j:plain

これだけでも十分楽しめますね!

 

イベントの詳細

蔵の街遊覧船

住所:栃木県栃木市倭町2-6 蔵の街遊覧船待合処

電話:0282-23-2003

公式HP:蔵の街遊覧船

※イベントの最新情報は、直接ご確認ください!

 

今回使ったカメラ

今回使ったのは、Canonの一眼レフカメラEOS6D MarkⅡ35mmの単焦点レンズです。

今回のイベントは、単焦点レンズだけではなく、ズームレンズも持って臨んだ方がいいと思います^^; 残念ながら同じような写真ばかりになってしまいました。。どうやっても船の中からでは、足で構図が稼げませんからね。。

急遽行くことが決まったので、ズームレンズの手持ちがなく。。悔しかった。。

 

まとめ

今回は、栃木市のイベント『うずまの鯉のぼり』にいった様子を紹介しました!

伝統的な蔵の街として有名な栃木市に吊るされた大量の鯉のぼりを、遊覧船に乗りながら見ることのできる、なんとも贅沢なイベントで大満足でした。

栃木市は、非常に街並みがいい雰囲気なので、散策するにも人気の観光スポットです^^行ってみるといい思い出になると思いますよ~!!