カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

いつも疲れているその症状、副腎疲労かも?副腎疲労について勉強してみた

最近慢性的な疲労感がひどく、休日は昼寝なしにはいられない状態で、楽しみにしているお出かけもままなりません。。こんにちは。まーとんです。

調べてみると、どうやら副腎疲労の症状にドはまりだったので、今回は、そんな副腎疲労について勉強してみました。

 

 

副腎疲労症候群の症状は?

突然ですが、こんな症状ありませんか?

  1. 朝起きるのがつらい
  2. 疲れが取れないいつも疲れている
  3. ストレスに対処できない
  4. お腹の調子が悪い
  5. 異様な眠気がある
  6. 午後3時から4時にぼんやりする
  7. 鬱のような症状がある
  8. 甘いものを食べるとほっとする などなど。

 

最近慢性疲労を抱えている私は、ほぼ全部当てはまっています。。毎日とにかく辛くって。。どうやら、これら全部副腎疲労症候群の病状だそうですよ。

 

副腎とは?

そもそも聞きなれない副腎という臓器はどんなものなんでしょうか?

副腎は腎臓の上に位置する直径3から5センチほどの臓器で、身体の中の炎症を抑えるストレスを打ち消すホルモン(コルチゾール)を分泌します。

f:id:machapapa2929:20190606054922j:plain

こんな副腎なんていう臓器って私は全く知りませんでした。学校の授業でも全く注目されませんしね^^b

この副腎が疲れてくると、ストレスを打ち消すホルモン(コルチゾール)が出にくくなり、ストレスに対抗できなって疲労や鬱に似た症状が出てきてします。これを副腎疲労症候群というんですね。

 

副腎疲労症候群の原因は?

さて、この副腎疲労症候群の原因としては、例えばこんなものが挙げられます。

  1. 慢性的なストレス
  2. 過剰な糖質の摂取
  3. 偏った食生活、栄養不足
  4. 腸内環境の悪化
  5. 重金属など化学物質の蓄積 などなど。

 

私の場合にあてはめてみると、妻のおかげで食生活は偏っていませんが、気を遣いすぎるタイプなのでストレスは溜まるし、間食はよくとるし、お腹の調子も悪いし、仕事は化成品の研究開発をしていて悪い物質を毎日触っているしで、これまた3番以外は当てはまっている状況です。もうズタボロ。。「あ、自分も当てはまってる。。」という人も多いのでは?

逆に考えると、副腎疲労症候群を治したければ、『これらの原因を断てばいい』ということになりますね^^b

 

副腎疲労症候群を治すには?

副腎疲労症候群は、日本ではまだあまり認知されていない病気なようで、存在を知らない医者もたくさんいるとのこと。だから、普通に医者に行っても、原因が分からなくて全身無駄に精密検査してみたり、似たような症状である『鬱』と診断されてしまうことがよくあるそうです。研究が進んでいるのはアメリカだそうですよ。

 

日本では認知されていないのと、日本人は性格的にまじめなため、副腎疲労になりやすい人が多く、基本的には保険適用で治療してくれる医者は現状ほとんどないそうです。自由診療の医者はちらほらあります。

一番有名なのは、本間先生のスクエアクリニックです。本間先生夫婦は、旦那様ご自身も副腎疲労の経験者だそうで、副腎疲労に関する本もたくさん出されています。私も何冊か読んで勉強しています。

www.squareclinic.netただし、保険適用外の自由診療なので、数万~数十万円の出費の覚悟が必要です。

 

私が読んだ本を紹介しておきます。とても勉強になるので、気になる方はぜひ!

「副腎疲労症候群を治したい!」となった場合、自由診療の医者を見つけてかかるか、そもそもの原因を断てばいいんですよね。

自由診療の医者にでも行かない限り、「副腎疲労症候群だ!」という断定はできないのですが、副腎疲労症候群の原因を断つ行動自体は、健康に間違いなくいいことなので、私はまず自分でできることからはじめてみることにしました。

また別の機会で、やや改善傾向にある「私が実際にやっている取り組み」について紹介しようと思いますので、またぜひ読みに来てください^^

 

※余談ですが、私が一番副腎疲労を疑ったのは『足のツボ』です。足のツボは身体のバロメーターと言われており、健康状態が簡単にわかるそうです。妻が足つぼマニアでよく押してくれるのですが、ここ(↓)が飛び上がるほど異常にいたんだんですね。調べてみると、副腎のツボでした。

f:id:machapapa2929:20190606061658j:plain

 

皆さんもぜひ「グイッ」と押してみてください!!飛び上がるほどいたんだあなた!!副腎疲労症候群の可能性ありですよ。

 

まとめ

今回は、副腎疲労について勉強してみました。勉強してみると、まじめな性格の日本人が非常に多くなりやすそうな病気であることが分かりました。ぜひ気になった人は、紹介した本を読んで勉強してみてください!

別の機会に、私が副腎疲労克服のために取り組んでいることは書いてみようと思うので、またぜひ読みに来てくださ~い^^一度きりの人生、なるべく健康に過ごしたいですね!!

 

↓にほんブログ村に登録してみました!クリックでぜひ応援お願いします^^

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村