カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

慢性疲労・副腎疲労に悩む私が体質改善のためにやっている4つのこと!

こんにちは。まーとんです。

以前の記事に書きましたが、最近私は慢性疲労に悩まされており、いろいろ調べるうちに『副腎疲労症候群』を疑いました。そんな慢性疲労・副腎疲労を改善するため、日々の生活を見直して体質改善を試みているので、実際に私が実践している4つのことを紹介します!気になるものがあれば、ぜひ真似して実践してみてくださいね^^

 

 

まずはこちらの記事から読んでみてください!副腎疲労症候群についてまとめています。

www.ma-tonblog.com

一応私は会社の健康診断でミニ人間ドックを受けていて、何にも引っかからず特に問題が見つかっていません。健康診断を全く受けずに慢性的なだるさに悩まされている人は、医療機関の受診も視野に入れてくださいね^^b

 

私が体質改善のためにやっていること

それでは、私が体質改善のために実際にやっていることを紹介します。少しずつですが、改善している傾向があるので、気になるものがあればぜひ真似してみてくださいね^^

頑張らない、60%をめざす

「1つ目からなんだ!?」と思うかもですが、副腎疲労の大きな原因はストレス。そのストレスをためないために一番重要なことです。

 

自分で言うのもなんですが、私はまじめ過ぎるようです。妻からもよく言われます。「あなたはちょっとまじめすぎよ」と。。

 

私は三人兄弟の長男として育ったので、しっかりしなきゃという思いから、何事にもまじめに頑張ってきたつもりです。

学生時代はまじめに勉強を頑張って頑張って、最終的には国立大学の大学院を卒業しました。別に勉強は好きじゃなかったんですが、、まじめにコツコツ頑張っていましたね。。部活動のテニスにもまじめに取り組んで、部長も務めたし、地区大会は勝ち進んで県大会に出られるくらいにまじめに練習していました。

…と、別にまじめ自慢をしたいわけじゃなく、こういう幼いころから染みついてしまったまじめさがストレスをためてしまう原因になっていると自己分析したわけです。今でも何事もまじめに頑張らないという気持ちが勝手に働き、嫌なことにも、嫌な人との付き合いでも、とにかく何事のもまじめに取り組んでしまう癖がついてしまっています。そしてその結果ストレスをため込みます。ストレスをため込まないようにするには、このじめをちょっとやめる努力が必要でした。

 

ちょっとでも改善しようと、本を読んで勉強しました。かなりのベストセラーなので読んだことがある人もたくさんいると思いますが、『嫌われる勇気』は凝り固まった考えを変えられるいいきっかけになり、世界が変わった気がしました。

 

特に、アドラー心理学に触れたことがない人は、入門書的に読んでみると考え方を変えるきっかけになると思うのでかなりオススメです^^b

 

こんな本も読んでみました。『もうちょっと「雑」に生きてみないか』

仲の良い妻の友人には笑われました。「まじめにしっかり生きるためにビジネス書を読む人はたくさんいるけど、雑になるために本を読む人もいるんだね!」と。確かに変な話かもしれませんが、鈍感力を鍛えるようなものです。

この本は、考えを変えるというよりは背中を優しく押してくれるような安心する本でした^^

 

…なんだか長々と書いてしまいましたが、要するに何事も頑張りすぎないこと!完璧を求めず60点をめざすこと!でストレスを少しでもためこまないようにしています。こう考えるようにしてから、少しは気が楽になった気がします。…といってもまだまだ身体に染みついたまじめさは出てしまうんですけどね。心掛けが重要です^^b

 

昼寝をする

副腎疲労を患う人は、睡眠が十分とれない傾向にあります。私も毎日決まって5時前には目が覚めてしまい、それから寝直そうと思っても不思議と眠れないのです。。そして睡眠が不足して、日中元気が出なくなってしまうのです。

そのため、可能な限り昼寝をするようにしています。休日の昼間は家族に協力してもらって1~2時間程度の昼寝の時間を確保しているし、会社のお昼休みも10分でも目を瞑って身体を休めるようにしています。

副腎疲労の人は、ただでさえ弱っているので身体を休めることがとにかく重要^^b私のように長時間睡眠ができない人は、可能な限り昼寝をして元気を蓄えましょう!

f:id:machapapa2929:20190607195422j:plain

 

お風呂に入る

私は基本シャワー派だったのですが、湯船につかることは健康に非常にいいのです。ぬるめの湯船にじっくりつかることで、こんなにいいことがあります。

安眠効果がある

夜お風呂に入ると、安眠に効果的です。身体を芯から温め、副交感神経を優位にすることで、睡眠の質が向上すると言われています。少なくとも寝る1時間以上前に、ぬるめのお風呂につかることが重要です。しっかり湯船につかって、リラックスしましょう。…賃貸の我が家の風呂は狭いのが残念なところ。。

デトックス効果がある

じんわり汗をかくくらいしっかり湯船につかると、汗と一緒に身体の中の老廃物が排出され、デトックス効果があるそうです。眠っている途中に目が覚めてしまうのは、身体の中に蓄積された老廃物が原因とも言われています。ぬるめのお風呂に15分以上じっくりつかって、老廃物を追い出しましょう!

f:id:machapapa2929:20190608070647j:plain

より高いデトックス効果を得るためには、エプソムソルトがいいようです^^b我が家でも最近使い始めたので、別の機会にレビューしてみたいと思いま~す^^

 

腸内環境を改善する

以前の記事にも書きましたが、私は毎日お腹が不調です。具体的には、毎日軟便の頻便に悩まされています。※汚くてすみません。

副腎疲労の人は、腸内環境が悪いことが非常に多いとのこと。腸で必要な養分をしっかり吸収できないこと、本来はストレスを抑える働きをするコルチゾールというホルモンが腸の炎症を抑えるために使われてしまうこと、などが原因です。このため、副腎疲労と戦うためにも、腸内環境を整えることが非常に重要です。

腸内環境を改善するために、私もいくつか取り組んでいます。

よく噛む

とってもシンプルですが、腸の働きを助けるための非常に重要なことです。基本的に私は早食いで、食べ物はのどごしを楽しむ派です。…自分でも何を言っているか分かりませんが、無意識に噛むのはほどほどで、すぐに飲み込んでしまうことがほとんど。そりゃ胃も腸も疲弊しますよね^^;

非常に簡単なことなのですが私にとっては非常に効果的で、軟便・頻便は大きく改善しました!!そこの早食いのあなた!!ご飯はよく噛みましょう!!!

f:id:machapapa2929:20190607202436j:plain

白い食べ物をやめる

腸によくないとされる白い食べ物をやめるようにしています。具体的には、白砂糖,小麦粉,白米を可能な限り取らないように努めています。

白砂糖の過剰摂取は、腸内の悪玉菌を活性化させて腸内環境を悪化させるそうです。我が家では、白砂糖を使った食べ物の摂取は可能な限りさけ、甜菜糖(てんさいとう)が使われている食品を食べるようにしています^^b

白砂糖はアレルギー持ちの人にも天敵です!私の娘は牛乳や卵などのアレルギー持ちなのですが、白砂糖を食べた次の日は明らかに肌が荒れます。アレルギー持ちの人は特に白砂糖は避けてみましょう!

 

小麦粉や白米などの白い食べ物は血糖値を急激に上げてしまいます。この急激な血糖値の上昇によりコルチゾールの分泌のサイクルが狂ってしまい、副腎に負担がかかるそうですよ。血糖値の変化を緩やかにするため、我が家では極力小麦粉は取らないようにして、ご飯も白米ではなく「分づき米」にしています。本当は玄米がベストなのですが、胃腸の弱い人に玄米は消化不良の原因になります。実際に私にも合わなかった…。。なので、玄米を購入して精米機で好きな具合で精米してあげるのがオススメです^^b ちょっと面倒ですが、これも健康のため!!日々頑張ってくれている妻には本当に感謝です!!!

f:id:machapapa2929:20190607203307j:plain

 

…といろいろやっていることを並べましたが、どれも頑張りすぎては意味がありません!!60点くらいを目指しましょう^^

 

まとめ

今回は、副腎疲労と闘うため、体質を改善するために私が行っている4つのことをまとめてみました。①頑張りすぎないこと、②昼寝をすること、③お風呂に入ること、④腸内環境を改善すること、でした^^b 少なくとも私は、お腹の調子は間違いなく改善されつつあるし、疲労感もやや和らぎはじめているように感じていますよ^^

 

とにかくどれも頑張りすぎず、ストレスをため込まないことが重要なこと!少しずつ少しずつ体質改善を目指します。

同じような体調不良に悩まされる人がいれば、ぜひ私と一緒に実践してみてくださいね^^健康第一ですね!!!

 

↓にほんブログ村に登録してみました!クリックでぜひ応援お願いします^^

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村

 

※最近イラストはこちらのサイトにお世話になっています!無料で良質なイラストを提供してくれるので助かります^^

www.ac-illust.com