カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

電子書籍で本の情報を定着しやすく!スマホで読書のメリットとデメリット!

電子書籍

本を読むのは好きだけど、持ち運ぶのが面倒。。
一度読んだだけだと本の内容を忘れちゃうから手軽に読み返したい。

こんにちは。まーとんです。
電子書籍がオススメです!スマホがあればどこでも本を読めるし、マーカー機能で読み返しも簡単!一度使うと手放せませんよ!

本記事の概要

電子書籍

また、私なりに電子書籍の「いいところ」と「ちょっといまいちなところ」をまとめたので、参考にどうぞ。

電子書籍

電子書籍のいいところ

それでは、電子書籍のいいところを見ていきましょう!なお、今回は私が特に愛用しているアプリKindleで紹介してみます。

Kindle

Kindle

  • AMZN Mobile LLC
  • ブック
  • 無料

本の持ち運びが不要で、いつでも読める

もうとにかく一番便利なのはこれですね。

スマホさえあればどこでも本が読めます。わざわざ本を持ち運ぶ必要がありません。

ちょっとした空き時間にも、さっとスマホを取り出せばすぐに本が読めます。

もう一度使うと手放せません!本をより身近に感じることができますね。

本の要点まとめで定着率アップ

個人的に一番うれしいのがこのマーカー機能。

「いいこと書いてあるな」という部分をなぞると、蛍光ペン的な感じでマークができるんですね。

f:id:machapapa2929:20190909213044p:image

しかも、マークした部分は「マイノート」として一覧化することができます。つまり、自分だけのいいこと書いてあるなリストを簡単に作成できて、好きな時に手軽に見返すことができるのです!!

f:id:machapapa2929:20190909213029p:image

この機能のおかげで、見直すのが簡単になり、本の内容が頭に残りやすくなりました!

ちなみに、マークの色は4色から選択可能です。

f:id:machapapa2929:20190909213056p:image

しかも、Wikipediaと連携しているので、「この単語わかんないな?」というときに、ささっと調べることができるのです!なんと便利!!

いちいち一手間を省けるので、ホントに快適でもう手放せません。

ここで注意が必要なのが、本の形式が「固定レイアウト」だと、ハイライト機能が使えません。購入時の説明欄をよく確認して、「リフロー型」であることを確認してから購入してください。

ただし、「固定レイアウト」でも、マーカー機能(マイノート)は使えないですが、普通に読む分には問題ありませんし、ブックマーク機能(ページごとに記録)は使えるので、読み返しは紙媒体より圧倒的に楽です。

本棚がいらなくなる

これもうれしいですよね。紙媒体の本を持たなくて済むので、全くかさばりません!

これで読んだ本で家の中がごった返すこともありませんね。本棚もいりません。

安く購入できる

データとして購入するので、紙で買うより安くなることがほとんどです。そりゃそうですよね、紙がいらないんですもん。

しかも、わざわざお店に行く必要もないし、注文してから届くまで待つこともないので、読みたいと思った本をすぐに読むことができます^^b

定額読み放題がある

AmazonのKindle Unlimitedなら、ラインナップされている本限定で、月額980円で読み放題です!

普通に買うと1000円以上する本も読み放題だったりするので、申し込んで読んだ方が安いことがよくあります。雑誌類は特に豊富です。

しかも、今なら30日間のお試し期間もあるので、一度覗いてみてください。

公式HP:Kindle Unlimited

私も利用しています。気軽に読めて便利です。

Kindle以外にも、こちらの「ebook JAPAN」もオススメです。特にマンガに強く、月額500円で読み放題です!

その他の便利機能

文中の検索機能

電子版ならではのいいところですが、文中に含まれる単語を検索でき、一瞬でその部分までジャンプすることができます。

f:id:machapapa2929:20190910072110j:image

「あれどこに書いてあったっけな?」がなくなり快適です。

お好みのカスタマイズが可能

文面を自由にカスタマイズ可能です。文字の大きさ、文の間隔、背景色、フォントなどを自由に変えることができます。

夜に読むときは、背景をセピアにすると目に優しくてオススメです!

電子書籍のいまいちなところ

さて、いいところをたくさん挙げてきた電子書籍ですが、今度はいまいちなところも紹介してみます。

対応していない本がある

特に昔の本なんかは対応していないものが非常に多いです。

取り扱いがない場合には、スマホで読むことはできませんね。こればかりは仕方ありません。

スマホを見る時間が増える

必然的にスマホを見る時間が増えるので、電池の消耗は早くなるし、目も悪くなるかもしれません。また、寝る間際にスマホを長時間注視すると、睡眠の質が下がるとも言われているので注意が必要です。

ブルーライト削減の意味で、スマホのナイトモードを活用したり、カスタマイズで背景色をセピアにしたりするといいですよ。

まとめ

今回は電子書籍のいいところといまいちなところを紹介しました。総合的に見ても、個人的には便利過ぎて手放せないものとなっており、取り扱いがない以外は基本的に電子書籍を購入しています。とにかくマイノートを作って見直せるので、本の内容は圧倒的に定着しやすくなります。

電子書籍を利用したことがない人は、ぜひ体験してみてください。特に、Kindle Unlimitedの読み放題は30日の無料期間があるので気軽に体験できますよ!

電子書籍

電子書籍

マンガや雑誌をよく読む人は、Kindle以外にも「ebook JAPAN」の電子書籍もオススメです。月額500円でマンガも雑誌も読み放題です!

↓クリックでぜひ応援お願いします^^

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパランキング