カメラと子供とおでかけ

栃木在住の二児のパパが日々の生活で気になっていることを分かりやすくまとめます

はじめてのマクロレンズの世界!EF100mm F2.8L macro IS USMレビュー!

EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ

・マクロレンズってなに?
・Canon用マクロレンズを買いたいけどどれがいいの?

こんにちは。まーとんです。
Canon用マクロレンズを購入したので、私が選ぶ際に気を付けたポイントと作例を紹介します。

今回は、最近購入したマクロレンズ「EF100mm F2.8L macro IS USM」のレビューと作例の紹介です。マクロレンズの購入を迷っている方はもちろん、「マクロレンズってなぁに?」って方も読んでいただけると楽しめると思います!

マクロレンズとは?

マクロレンズとは、被写体を0.5~等倍で写すことのできるレンズのことを言います。簡単に言うと、被写体を部分的に大きく拡大して撮影することができるレンズのことです。

 

よく昆虫や花をでっかく切り取って撮影してる写真を見たことがありますよね?あの写真が撮れるレンズのことです。

マクロレンズで撮影した写真は、日ごろ目にできない風景も切り取れるため、幻想的でアート寄りの写真が撮れるのです。

f:id:machapapa2929:20190330062139j:plain

 

魅力は被写体に近づけること!

例えば、適当に撮った下の写真。

マクロレンズ EF100mm f2.8 macro

写真の良し悪しはちょっと置いておいて、通常ズームレンズだと、上の写真以上被写体に近づくと、レンズの設計上どうやってもピントが合わずにピンボケしてしまいます。

EF100mm F2.8L macro IS USM
EF100mm F2.8L macro IS USM

一方で、マクロレンズは被写体にぐっと寄れる構造になっているため、近づいてもしっかりピントが合ってくれます。普通のレンズより近づけるため、被写体を大きく拡大して写し出すことができるのです!

 

もちろんマクロレンズの実力はこんなものではありません。まだ被写体に近づけます。

マクロレンズ

もっと近づいても大丈夫。

EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ

まだまだ近づけます。

EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ

…ここまで近づけました。

このトゲトゲ部分は拡大するとこうなっていたんですね。普通のカメラでは見られない世界を映し出すことができることができるので、マクロレンズって面白いのです!

 

ピント合わせが難しいのも魅力

これだけ近づけるマクロレンズですが、撮影するのってちょって難しいのです。…というのもピント合わせがかなりシビアです。

EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ
EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ
EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ

ちょっと風が吹いて被写体が揺れただけでも、ピントが合っている部分が変わってボケてしまいます。もちろん手ブレにも非常にシビアです。

 

また、普段オートフォーカスを使っていればほぼ使わないマニュアルフォーカスを使うと圧倒的にピントが合わせやすいので、レンズについているフォーカスリングをグリグリ回しながら撮影するのも面白いポイント!普段よりカメラで写真を撮っている感が味わえて、写真を撮るのがとっても楽しいのです^^

 

私がEF100mm F2.8L macro IS USM を選んだ理由

以前からマクロレンズが欲しかった私は、下の記事のようにどのレンズを買おうか迷っていました。

特に候補となっていたのは、こちらの2本。

私がEF100mm F2.8L macro IS USMを選んだポイントを簡単に挙げてみます。

手振れ補正が強力!

悩んだどのレンズより手振れ補正が優れています。選んだレンズには、角度ブレとシフトブレを同時に補正する「ハイブリッドIS」が採用されており、手ブレに関しては最強と言えます。

※角度ブレとシフトブレについては、こちらの記事で勉強させてもらいました。

ただし、Tamronの最新マクロレンズも手ブレ補正を搭載しており、「従来の角度ブレのみ」に追加してシフトブレも追加されています。カタログ上は、Canonがシャッタースピード約4.0段の効果に対して、Tamronが約3.5段とややCanonが上です。

 

AF(オートフォーカス)の速度が速い

実際に店舗で試し撮りさせてもらいましたが、Canonの方がはAF速度が間違いなく速かったです。

「マクロ撮影がメインなので、マニュアルフォーカスが多いしAF遅くてもいいのでは?」とも思いましたが、このレンズは人物を撮るポートレートレンズとしても活躍が期待できます!

何本もレンズを所有することができないので、ポートレートでの使用も考えて、AFの速いこのレンズを選びました!

 

純正ならではの安心感!

最終的に選んだ決め手がここでした。レンズ沼にはまるときって、更にいいレンズに目移りするときがほとんど。

迷っていたCanonのレンズとTamronの最新レンズとでは、価格差は約数万円ほど。この価格差だと、

あ~、あの時純正買ってればもっといい写真が撮れたはずなのに。。

と、しょうもない言い訳をすることが目に見えていたので、思い切って高かった純正レンズを購入しました。

買えるなら一番いいのを買っちゃうのが、「レンズ沼にはまらない方法」です。笑

こんな選び方をすると幸せ

私なりに考えた「こんな選び方をすると幸せ」はこんな感じです。

純正にこだわりたい、予算に余裕がある
とにかく安くて写りのいいマクロレンズを入手したい

EF100mm F2.8L macro IS USMの作例

買ったばかりのマクロレンズをもって簡単に公園を散歩してきたので、撮ってきた写真を作例として載せますね

はじめて蝶をマクロレンズで撮ってみました。飛ばれないように静かに近づいてシャッターを押すのがこれまた楽しいんですよ^^

周りから見ると、怪しいおっさんがそろりと花にカメラを構える光景は異様に映ったことでしょう。笑

EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ

シャープに写せるので、トリミングして拡大してもこれだけ解像感は残ります。

虫が苦手な人には、これだけ質感が分かると厳しいかもしれませんね。

EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ

「ちょうちょのお口って本当にストローなんだね!」と子供にも大好評でした!

この写真もピントが少しずれると、全然ボヤッとした写真になるのでかなり撮りがいがあります。

EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ

 

続いてはダリアです。お花の中心ってこんな風になっているんですね。まじまじと見たことがなかったので新たな発見があって楽しいです。

EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ
EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ
EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ

 

続いては、マクロレンズの定番「水滴」です。

普通のレンズでは表現できない質感や透明感を映し出すことができます。

EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ

EF100mm F2.8L macro IS USM マクロレンズ

ざっとしか撮影する時間がなかったので、大した作例もありませんでしたがこのくらいに。また撮りに出かけたらアップしたいと思います!

まとめ

今回は、初めて購入したマクロレンズ「EF100mm F2.8L macro IS USM」のレビューと簡単な作例を紹介しました。

どのレンズを買おうかかなり迷ったので、少しでもこれから購入する方の参考になればうれしいです。

マクロレンズは普通のレンズより撮るのに技術がいるので、思った写真が撮れた時に嬉しさは格別です!!まだまだマクロレンズに慣れていないので、バシバシ撮影していい写真を撮って、紹介していきます!

↓クリックでぜひ応援お願いします^^

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村


子育てパパランキング